So-net無料ブログ作成
☆過去記事の目次へ。

The Devil's Punch Bowl : 2010/10 [登山・ウォーキング:イギリス]

Devil's Punch Bowlもナショナルトラストの自然保護地区の一つ。ロンドンから南に行ったサリー州にある。5マイルのウォーキングに出かけた。

           IMG_5686.jpg


Devil's Punch Bowlは、窪地になっている森林地帯で、サリー州の中でも眺めがよいポイントの一つとして知られている。デビルの概念が今一つよくわからないが、地元の伝説では雷の神様がこの辺りに住んでいたデビルを雷で懲らしめようとしたところ、デビルが土をすくって投げ返してきた、その窪地がこのDevil's Punch Bowlとなったと言われているそうだ。 一周8kmくらいの軽いウォーキングに出かけた。


       
                                 大きな地図で見る          

駐車場から50mくらいのところですでにサリーの森を遠くまで見渡すことができる。ロンドンから車で1時間足らずでこんな景色になる。

             IMG_5685.jpg

最近は、朝方は0度くらいまで冷え込む日もあった。黄色く色づいた木々もちらほらと。

       IMG_5689.jpg

ナショナルトラスト内は尾根沿いに広い歩道が整備されている場所もあり、犬連れの人やマウンテンバイク、ランニングの人など、思い思いの時間を楽しんでいた。

       IMG_5693.jpg

イギリスはどこにいっても犬はリードなしがほとんど。棒きれやボールを投げてもらって取りに行ったり、自由にそこら中を駆け回る姿は伸び伸びとしている。生まれ変わったら、イギリスで犬というのもありかもと思う。

       IMG_5698.jpg

       IMG_5699.jpg


ナショナルトラストの敷地を抜けて、細いぬかるんだ道を下っていくと牧場に出た。馬は人に気がつくとビクッとしてその場からこちらの様子を窺うという行動を取る場合が多いのだが、この馬は近づいてきた。

       IMG_5708.jpg

       IMG_5709.jpg

こちらもおっかなびっくりで鼻面を撫でてみた。

       IMG_5711.jpg


途中小川を渡る。道はナショナルトラストの敷地内は比較的しっかりしているものの、雨のあとはぐちゃぐちゃになっている小路も多い。そんなときに役立ちそうなのが、長靴。緑色の長靴を履いているイギリス人の人の割合は高く、ウォーキング通にみえる。

       IMG_5720.jpg

       IMG_5723.jpg

羊の横を抜けて、緩やかな尾根を登っていき、国道に沿った道を歩くとスタート地点に戻ってきた。のんびり歩いて2時間半くらい。最近気温が下がってもう冬になってしまったのではと不安になっていたが、週末の日中にはまだ秋が残っていることが確認できてほっとした一日だった。

       IMG_5726.jpg

(おわり)

         


nice!(6)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 6

コメント 7

いっぷく

今日は雨が降ったり小雨だったりしたサリーを僕も歩いてきました。ウサギも見かけました。
道がぬかるんだりしてましたが空気がいいし、なにしろ風景や植物など楽しんで歩けるのでまた歩きたくなるんですね。
by いっぷく (2010-11-01 09:01) 

山子路爺

イギリスの犬や馬などの動物と人との関係は、とても羨ましいですね。
我が家に犬がいなくなって12~13年になりますが、最近になってボーダーコリーが良いなぁ、などと思っています。
by 山子路爺 (2010-11-01 10:49) 

Sparky

しばらくウォーキングらしいウォーキングをしていないので、うらやましく
思いながら拝読しました。冬時間に戻って日が暮れるのがこれからどんどん早く
なるし、お天気も悪くなっていきますが、「歩きに行きたい!」とウズウズして
います。

by Sparky (2010-11-01 22:27) 

montblanc

walkingという地名があるのにもびっくり!
こんなきれいな景色の中を歩くのは、足を動かすというより、
足が勝手に動いてしまいそうです^^
秋の景色は心にしみます。
by montblanc (2010-11-02 22:51) 

hiko

>いっぷくさん、

これから天気は不安定になりますが、郊外のフットパスを歩くのはとても気持ちよいですね。ウサギやリス、キツネなどの動物にちょくちょく出会うのも魅力の一つです。

>山子路爺さん、

僕も犬を飼っていましたが、リードなしで散歩などしようものならどこに飛んでいくかわかりませんでした。。イギリスの犬のしつけ方は日本とは違うのかもしれませんね。犬も何だか大人びて見えます(^^ゞ

>Sparkyさん、

冬時間になって一気に日没が早くなってしまいましたね(^^ゞ
仕事に出かける時間も帰ってくる時間も暗闇になってしまうこれからの季節はちょっと憂鬱ですが、天気の良い日には外に出かけたいものです。

>montlancさん、

確かにウォーキングですね。。気づきませんでした。
秋の景色は春や夏とはまた違った魅力がありますね。落ち葉のサクサクしたところを踏み分けたり、色づいた森の中を歩くのはとてもリフレッシュします(^^


by hiko (2010-11-06 15:20) 

Jetstream777

紅葉が綺麗ですね。 仕事でUKによく出かけましたが、鉛色の空が多い印象でした。 でも、hikoさんの写真と記事で明るいインプレッションを持ちました。 (^_^)v
by Jetstream777 (2010-11-08 23:05) 

hiko

>Jetstream777さま、

確かに鉛色の空はとても多いので、晴れている日があると、出かけなくては!!という気になります。秋から冬にかけては、晴れている日でも、サァーッと雨が降ったり、とても天気が変わり易いので、その分晴れている時間とても貴重に感じたりもします(^^。
by hiko (2010-11-09 09:09) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。