So-net無料ブログ作成
検索選択
☆過去記事の目次へ。

ロンドンオリンピック フェンシング男子団体フルーレ準決勝:2012/8 [旅行:イギリス]

ロンドンオリンピック、フェンシング男子団体フルーレ準決勝。ドイツ相手に手に汗握る一戦だった。
(もう2月前の話になってしまいましたが。)
       IMG_0243.jpg

開幕までは、交通網の乱れ、テロ懸念など憂鬱な話題ばかり先行していたオリンピックだったが、競技が始まると盛り上がり、ワクワクする時間が増えてきた。

フェンシングについては、率直なところ何も知らないのだが、太田選手が北京オリンピックで銀メダルを獲得したフレーレなら日本も活躍するのではないかと思い、見に行くことにした。会場のエクセルはロンドン東部にあるイベント会場。東京ビッグサイトのようなイメージ。同時に他の会場では卓球なども やっており、大賑わい。 

          IMG_0202.jpg


 フェンシング会場は思ったよりもきらびやかで、4つのコートが色分けされていた。準々決勝の4試合は同時進行で行われる。 

         IMG_0203.jpg 

 準々決勝の相手は中国。日本は、三宅諒、千田健太、太田雄貴の3選手。中国は雷声選手が個人で金メダル獲得など、なにせ強敵らしいのだが、千田選手の連続ポイントなどで、徐々に日本のペースになり、圧勝。45-30。

         IMG_0211.jpg 

正直なところ、ルールがよくわからなかったが、隣に運よく日本代表選手の関係者の方がいて、色々ルールや日本のフェンシング界の現状などを教えて頂いた。他にもこの日の言葉を交わさせて頂いた日本人の方は、選手の家族、選手の昔の指導者、太田選手の大学時代のゼミの後輩の方、などなどほとんど全員がフェンシング関係者。

こんなに面白いのだから、一般の人も見に来ればよいのに。

         IMG_0224.jpg 

 


そして迎えた準決勝、相手はドイツ。中国戦の席を抜け出して、ドイツ戦のコートの前の席に紛れ込んだ。ヨピッヒ、クライブリンク、バッハマンと世界の一流選手がそろうドイツチーム。観客席も強そうなドイツの旗と、「ドイチェランド」のコールが鳴り響く。日本人の応援が集まっているエリアもあったが、我々はそこから少し離れた席に座っていたので、日の丸を掲げ、孤独な応援を続けた。

 

         IMG_0232.jpg

この試合で素人目にも目立ったのは三宅選手の頑張り。ドイツチームは王子様キャラのようなルックスの選手が多いのだが、日本チームは見た目は野武士。王子様対野武士の戦い、なんて言ったら失礼かもしれないが、そんな風に見てしまう。

序盤は日本が追いつかれるシーンもありながら、終始優勢に進める。フルーレのコーチはウクライナの人で、この人が来てから日本のフルーレは、強くなったらしい。サーブレ、エペなどの種目があるのだが、全く違う技術が必要なので、子供のころから各種目専門でやっていく必要があるそうだ、、などなどすべて当日の会場で教えてもらった知識。

         IMG_0235.jpg 

見えない部分もたくさんあるのだが、しかし面白い。周りがドイツの応援だれけだからなのか、ナショナリズムが高揚し応援にも熱が入る。 

         IMG_0236.jpg 

 


瞬間の勝負、かつオリンピックのメダルが掛かった大舞台。選手の気持ちも極限まで張り詰めているのだろう。 

 

         IMG_0240.jpg 

終盤にきて、リードが縮まり、追いつかれ、逆転されてしまった。おいおい、太田選手どうしたんだ!!と心配になり、また周りのドイツ人が異様に盛り上がり、気分が悪い。が、ここからが凄かった。ラスト1秒で同点、このときの太田選手の前進の迫力には興奮した。そして延長戦、1回、2回はなんとなくドイツ側に有利な感じで、盛り上がるドイツ人たち、そして黙り込む自分たち、しかしポイントは取り消し。3回目の延長戦は、先に太田選手の手が挙がった。

         IMG_0243.jpg 

長い判定の結果、日本の勝利。我々も日の丸を掲げて、喜びを爆発させた。 観客にとっても、オリンピックは戦争のようなもの。

         IMG_0245.jpg 


努力を続けた人たちが、勝利の結果、緊張から解放されて喜びを爆発させる。そんな瞬間を目にすることができるのはとても、嬉しい。そして、勝者がいれば敗者もまた。

         IMG_0249.jpg 

日本の応援団も喜びに包まれていた。この後、決勝のチケットは手に入らなかったので、会場を後にした。イタリアに決勝で、負けて金メダルは逃してしまったようだが、この試合はとても印象的。 

         IMG_0254.jpg 

全く知らなかったフェンシングの世界。こんな興奮する世界が繰り広げられているとは知らず、垣間見れただけでも満足だった。 今後もフェンシングの大会があったら見に行こう、と思わせる熱戦だった。

         IMG_0257.jpg 

 (おわり)


nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 5

Jetstream777

いい試合を見られてラッキーですね。 !(^^)!
撮られた写真、 どれも臨場感があり、雰囲気が伝わってきますよ。

by Jetstream777 (2012-10-21 23:04) 

Jetstream777

”グリンデルワルトに行ってきました。
ちょっと時間がなく、まだ記事にしていないのですが、差し支えなければこちらの
ブログからコースを参考させて頂いたと紹介させてください。”
→ 問題ありませんよ、記事楽しみにしています。^^
by Jetstream777 (2012-10-22 11:05) 

hiko

>Jetstream777さん、

ありがとうございます。ちょっと書きたいものが沢山ある割には時間がないので、ちょっと後になってしまうかもしれませんが、そのうちアップします。コースなどかなり参考にさせて頂きました。全部晴れではなく、涙の日もありましたが 笑
by hiko (2012-10-24 08:11) 

Fencer

Excelで見てました。決勝も運良く会場で見ることが出来ました。素晴らしい活躍でしたね!あの感動は忘れません
by Fencer (2012-11-19 20:13) 

hiko

>Fencerさん、

本当にこれは興奮しましたね。良いものをみました。私のオリンピック観戦の中での興奮度間違いなく、No1の試合です。(^-^
by hiko (2012-11-29 08:05) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。