So-net無料ブログ作成
検索選択
☆過去記事の目次へ。

チチェスターチャレンジ Chichester Challnge 42K : 2010/7/11 [ランニング]

チチェスター、こちらもイングランド南部にあるサウスダウンズと呼ばれる丘陵地帯に位置する街。ここで行われたトレイルランニングの大会に参加した。

  039.jpg

               


スイスアルペンマラソンに行く前にもう一つ長い距離を走ってみようと思った。このChichester Challengeはマラソンの大会というよりは、ウォーキングイベントという性格が強い。ランニング団体ではなく、地元のロータリークラブによって、ウォーキング、ランニング、マウンテンバイクと色々な種目がチャリティーを目的として催されている。このうち、ウォーキングとランニングは同じコースで42Kと25Kの二つがあり、42Kに参加した。

            
                                               大きな地図で見る            

 



42Kのスタートはウォーキング、ランニングともに朝8時、25Kは朝9時にスタートの予定。余裕を持って会場に向かった。が、メモした住所が大会の事務局だったようで、スタート地点が分からない。街中をウロウロして、人に聞きまくっても誰も知らない。それもそのはず、42Kランの参加者は73人とかなり小規模な大会なのだ。同じ街といっても凄く広いし、もう無理だ、、、帰って近所の公園でも走ろうと思い、街を外れて丘の方に車を走らせていると、道の脇に、マラソン大会でよく見かける矢印マークの看板が、、これはっっっ!!!!と思い、矢印を辿っていくと、なんとスタート地点を発見。おお、こんなこともあるもんだ、と思い急いで準備したが、この時点ですでに8時40分くらい。42Kの人達はとっくにスタートしていた。とりあえず、大会の主催者の人に今からスタートしても良い??と聞いたら、まあ25kの人達と一緒にスタートしたら?その方が楽しいしと言われ、25Kの人達と一緒にスタートした。

        007.jpg

受付で地図をそれを首から下げるためのクリアケースを渡され、これはルートファインディングが必要なオリエンテーリングの大会にエントリーしてしまったかなと思ったが、迷わないぎりぎりのところに下のような看板があり、コースを間違えることは無かった。

        013.jpg

途中までは25Kの人たちと同じコースを走るが、途中で42Kは別の道を行くことになる。1時間遅れでスタートした僕はたまにウォーキングに参加している人に遭遇することはあるが、めったに人に会わず、前後左右誰もいない中を走ることになった。

        011.jpg

チェックポイントと呼ばれるところで、給水があり全部で5か所。だいたい8km毎にあるイメージ。なので、今回はハイドレーションがついたウェストポーチに700mlくらい水を持って走った。チェックポイントでスタンプをもらうところはちょっとオリエンテーリングっぽい。

        015.jpg

ウォーキングの人はいるが、走っている人にはなかなか会わない。一人で走り続けるモチベーションを保つことがこんなに大変だとは。。。

        018.jpg

スタートしたくらいではちょっと小雨がぱらつくくらいの曇天だったが、天気はグングン回復し、気温も上昇。丘陵地帯は緑の中で、土の白さが目立つ。確かサウスダウンズは石灰岩の丘だったはず。このあたりも全然人に会わず。

        019.jpg

気温がグングン上がって、虫がジージー鳴いているのを聞いているとなんだか日本の夏を思い出してきた。このあたりサウスダウンズウェイの一部であり、遠くまで見通せて暑いが気持ち良い。        

        025.jpg

人がいた!!(下の写真の木の右下)と思って嬉しくなり、ちょっと話しかけると無愛想なおじさんでちょっとがっかりしたり。

        027.jpg

もう一人あったこのおばさんは、僕なんかとでも会えて嬉しかったようだ。。結局出会ったランナーはこの二人だけ。ちなみに、このコース意外とアップダウンはあり、ガーミンによると合計上昇・下降量は1403mとなかなか。

        028.jpg

そして途中キャンプ場のある丘をずっと下るところがあり、くつろいでいる家族連れの姿を見ていると、日曜日に顔を塩まみれにしてこんなところを一人で走っているなんて、何やっているんだろう俺は、、という気持ちになった。

        029.jpg

そして丘陵地帯の大会のお約束で、35km過ぎてからきつい登りがたくさん組み込まれている。コース設定者はきっと、相当な意地悪に違いない。

        033.jpg

コースの途中にあったグッドウッド競馬場。世界で最も美しい競馬場の一つと言われ、GⅠのサセックスステークスや、ナッソーステークスの舞台となっている。イギリスの競馬場、ひとつのコースが1年に使われる期間がほんの数十日程度と、日本に比べると圧倒的に少ない。そこまで土地に余裕があるのね、、という印象。遠くから覗いたスタンドの屋根などはとても美しい建築だった。

        034.jpg

最後の登りを終えると後は下るだけ。ここチチェスターは、軍港であるポーツマスまでもあと少しのところで、丘の上からは海も見える。長閑な景色が広がっていた。

        035.jpg

最後は平坦な道もほとんど歩いて、タイムは5時間35分くらい。景色は良かったが、暑い中一人で走ることによって、自分の心の折れ方などもよくわかり、良い経験だった。体力的には全部は走れずしんどかったが、トレイルランニングのコースは歩いても楽しい。

(おわり)


nice!(9)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 9

コメント 8

Jetstream777

楽しそうなコースですね。 いいゴルフ場もありそうですね。
近くのポーツマスにいったことがあります。 夏のイングランドはいいですね!
by Jetstream777 (2010-08-16 21:27) 

山子路爺

のどかなコースですネ。
日本でこういうコースを設定すると……
北海道富良野?美ヶ原か霧が峰?なんて考えながら読みました。
by 山子路爺 (2010-08-17 16:23) 

hiko

>Jetstream777さま、

ゴルフ場もたくさんあると思います。大分プレー料金も安いので好きな人には天国かもしれませんね。ポーツマスもたくさんの見学できる軍艦とかがあって楽しい街らしいですね!

>山子路爺さま、

そうですね。北海道とかの景色に似ているかもしれませんね!
この日は暑くてちょっと大変でしたが、高台の部分が結構あったので、景色を楽しみながら夏を楽しむことができました。


by hiko (2010-08-18 06:14) 

いっぷく

難しくて距離の長いコースを走られたんですね、
完走は立派ですよ、途中で見かける動物に話しかけたく
なりませんでしたか?なだらかに見えるコースも意外な高低差があるんですね、きつそうです。
by いっぷく (2010-08-20 06:54) 

hiko

>いっぷくさま、

完走というか3分の1くらいは完歩といった感じでした(^^ゞ
本当にあまり人がいなかったので、動物や自分と会話しながらのマラソンでしたね。。意外と起伏があってしんどいのです。
by hiko (2010-08-22 03:14) 

ulyssenardin36000

そちらも暑さが厳しいのですね!広がる景色は気持ちが良さそうですが、体力的には大変でしたね!
by ulyssenardin36000 (2010-08-22 08:50) 

hiko

>Ulyssenardin36000さま、

最近はすっかり涼しくというか、ちょっと寒いくらいになってきましたが、この時はとても暑かったです。。暑いとやっぱり体力的に堪えます。。
by hiko (2010-08-23 03:47) 

montblanc

山を歩いていると走り出したくなる時があります。
小川と越えて、丘を越えて、風になりたいなぁ~と思います^^
by montblanc (2010-08-23 23:35) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。