So-net無料ブログ作成
☆過去記事の目次へ。

ブリティッシュ10K  British 10K  : 2009/7/12 [ランニング]

ブリティッシュ10K、ロンドンの中心街を走る10kmマラソンイベント。まさか10kmでも、自分がマラソンを走るとは思ってもみなかった。

        012.jpg

ロンドンに来たころ何げなく交わした「山登りとか、結構好きですね。」という会話が発端だった。このとき話していた会社の先輩はフルマラソンをやる人で、今年は7月にスイスのダボスで開催されるダボスアルペンマラソンというトレイルランニングのレースに参加するらしい。なんと距離は42Km、別の人は78kmに参加するという。

トレイルランニングと言えば、たまに北アルプスとかでピタッとしたタイツを履いて、軽装に風のように走り去っていく人たちの世界で自分には全く縁がないと思っていた。それに、なんぼなんでもランニング素人に、山で42kmも走れんがなと思っていたら、そんな人のために21kmというのもあるとのこと。21kmでも山を走るなんてやだと思っていたら、皆様が言うには「山が好きなら行かなきゃ嘘だ!」、「21kmなんて山を歩いている人なら楽勝だよ。」と。とか何とか言われているうちに、気がついたら申し込んでいた。

その2週間前、勢いでロンドン市内10kmマラソン、ブリテイッシュ10kに参加することになった。


スタート前


バッキンガム宮殿の少し手前で荷物を預けて、スタート地点のハイドパークコーナーへ向かう。いつも車がたくさん通っているピカデリーの通りも今日はマラソン用に閉鎖。
着ぐるみを着たり、浮き輪を着けたり、チャリティーのTシャツを着たり、いろんな人がいる。なんとなくチャリティー色を強く感じるが、こういったマラソンはチャリティ目的がほとんど。走るということが、ちょっとポッシュで社会への貢献といった文化には、あまり馴染みがないが結果としてみんなハッピーになれるなら、それはそれで悪くないと思う。

       002.jpg


とりあえず凄い数の人たち。自分のゼッケンが2万番台だったので2万人以上は走っているはず。スタート時間が過ぎてスタートしだした人たちが見え出しても、スタート地点まではまだまだ遠い。スタートまで30分くらい時間がかかった。ちなみにこの日はオリンピックのメダリスト、ヌデレバも走っていたようだ。

       012.jpg


コース

と、そうこうしているうちにスタート地点が目の前に。急にちょっと緊張し出す。よく考えたらレースなんて初めてだ。スタートすると500mくらいで歩きだす大きなおばさんがいる一方で、意外とみんな早い。回りのペースについて行くと1kmもしないうちに苦しくなり、「そうだ、ほとんど練習しないでこの大会に臨んでいるのだった。」と思いだし、ペースダウン。

       014.jpg

ルートは、ハイドパークコーナーからトラファルガー広場を通ってテムズ川沿いへ。セントポールの横を抜けて、タワーブリッジの手前で折り返し。ウエストミンスターとビッグベンまで川沿いを戻り、ホワイトホールがゴールと、ロンドンの名所を1時間であっという間に巡る観光に最適なコース取りになっている。

       015.jpg

観光気分で、カメラを手持ちにして走る。写真をバシバシ撮るつもりだったが、意外としんどいので撮る余裕がなかった。苦しくなると沿道の応援が自分向けのものだと思い込んで走ることにした。コース上には給水ポイントもあるので基本的には手ぶらで走ることが出来る。

       016.jpg

ウエストミンスターブリッジが見えたらゴールが近いと思っていたが、意外とそこからまだある。ゼーゼーいいながら、ホワイトホールの角を回るとなんとかゴールまで辿りついた。ツールドモンブランで歩いたから、ちょっとはイケるかもなんて思ったのは、甘かった。タイムは1時間をちょっと切るくらい。10kmも走るのは高校のマラソン大会以来だから、まあ上出来と自分に言い聞かせながらも緩んだ自分のお腹を見つめた。やっぱ走るからには、きちんと練習をしないといかんなーと思った。しんどいながらも、こういったお祭りのようなイベントに参加するのは楽しい。練習をする意思を強くもてるなら、マラソンをやってみるのも良いなぁーと思った1日だった。

       017.jpg
(おわり)



nice!(14)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 14

コメント 10

junko

このマラソンは、4月末のロンドンマラソンとは別のものですか?
4月末にロンドンにいる可能性は高いんですけど、
なぜか、当日にマラソンしているところを見たことは・・・
ないんですよね~。
by junko (2009-09-02 09:44) 

さるぼぼ

一昨年の冬はダンナさんもマラソンの練習してたな~。
夕飯の前に『ちょっと走ってくる!!』
なーんてやってたのに、今じゃゴロゴロー、ダラダラー
グーグーばっかりですよ。
ランニング、一番続けられるスポーツかもしれませんね。
それに、山へ向けてのトレーニングにもなりますね。
by さるぼぼ (2009-09-02 22:02) 

montblanc

お疲れさまでした(^^)
スタートの人ごみをいかにクリアするがが難しそうでうすね。
お次はシャモニのモンブランマラソンなぞいかがでしょうか?
by montblanc (2009-09-03 23:25) 

hiko

>junkoさま、

フルのロンドンマラソンとは別なんですが、もの凄い数の人でした。マラソンのために、ちょくちょく道路を封鎖するのもロンドンならではなのかもしれませんね。お祭りみたいで、なかなか楽しいもんです。


>さるぼぼさま、

30過ぎると代謝が急速に落ちるという言葉を身をもって感じる今日この頃です。なかなか目標がないと、ランニングは続けるのが難しいですよね。学生のときは走るなんて全く楽しいと思いませんでしたが、少しだけ続けてみると楽しいというのも分からなくもないなーと思いました。でも、ここ1ヶ月はダラダラーで全く走っていません。。。


>montblancさま、

噂のウルトラモンブランですね、160kmを48時間で走るという。ちょっと想像のつかない世界ですが、走りきったら違う世界が見えてきそうです。いつかは、、ともまだ思うこともできませんが、綺麗な景色の中を走るのは本当に気持ち良いでしょうね。


by hiko (2009-09-04 06:10) 

山子路爺

お疲れさま。
10kmを1時間弱ならナカナカのペースでは。
当方の心肺機能では1kmがいいところかなァ。
その内トレールランも始めるのでは?
by 山子路爺 (2009-09-04 15:52) 

hiko

>山子路爺さま、

いやー10km走るだけでも、ゴールしたころには結構ヘロヘロになっていました。でも山歩きのトレーニングにもなるので、良いかもしれませんね。
トレイルランニングもちょっと興味があるので、これから少しずつ初めて見ようかなーと思っています!
by hiko (2009-09-07 04:27) 

いっぷく

これだけの人が走ると地響きがしそうです。
走るのはどうも息が切れて・・・、走れる人は羨ましいな。
いつもバスとか車から見る風景が道路を走るとなると違って見えるでしょうね。adidas Women's 5k Challenge 2009っていうのもありましたね。
by いっぷく (2009-09-14 18:26) 

hiko

>いっぷくさま

確かに凄い人の数でした。。でも、いつも車が一杯の道を走るのは、なかなか気持ち良いもんですね。イギリスは年がら年中いろんなウォーキングやマラソンの大会があるみたいなので、色々行ってみると面白そうだなと思いました。
by hiko (2009-09-17 05:33) 

ulyssenardin36000

倫敦という街を走る。
きっと、その街を凄く、肌で感じることができるのでしょうね。

by ulyssenardin36000 (2009-09-21 09:34) 

hiko

>ulyssenardin36000さま、

こんにちは。走りながら観光すれば一石二鳥!!と思って
いましたが、正直なところ結構しんどくて走るのが
精一杯でした(^^)体力つけないといけませんね。

by hiko (2009-09-22 04:49) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。