So-net無料ブログ作成
☆過去記事の目次へ。

ツール・ド・モンブラン (1) : 2009/6/27~2009/7/5 [登山・ウォーキング:ほか海外]

ヨーロッパで一番人気のあるハイキングコース、ツール・ド・モンブラン。今年の夏休みは、モンブラン山群を歩いた。

         IMG_2343.jpg

                                     (イタリア側からのモンブラン)

                                              DAY2へ



ヨーロッパアルプス、日本から遠い。歩くチャンスは、そうはないなと思っていたが、今年はロンドンに住んでいる!ジュネーブまで飛行機で1時間半!なんと、北海道に行くぐらいで、アルプスに行ける!!こりゃ、行っとかないと一生後悔するぜ!と思い夏休みは、ヨーロッパアルプスに行くことに決めた。

アルプスと言っても、広い。が、折角行くならロングコースを歩きたい。さっそく、ガイドブックを集めて検討すると、モンブランの周りを歩く「ツール・ド・モンブラン」、モンブランとマッターホルンの間をあるく「オートルート」、モンテローザの周りを歩く「ツール・ド・モンテローザ」がロングトレイルでは有名なようだ。今回の休みは1週間、「オートルート」と「ツール・ド・モンテローザ」を歩くにはもっと長い日数が欲しい感じがしたので、今回はヨーロッパで一番人気があるといわれる「ツール・ド・モンブラン」を歩くことにした。

ちなみにツール・ド・モンブランは、アルプス最高峰のモンブラン(4,807m)の周りをフランス、イタリア、スイスに跨って歩くトレッキングコース。全部歩くと170km、高低差10,000m、全行程11日くらいになるが、途中公共の交通機関を使ったり、一部省いたりして短縮することもできる。モンブラン山群の峠を縫うように歩くコースで、道もきちんと整備されているので特別な技術・装備は必要ない。ただ、だいたい標高1,500mから2,700mの間を行ったりきたりするイメージなので、アップダウンはそれなりにある。モンブランを表から裏から眺めることができるらしい。

僕らの今回の行程は以下の通り。


 

日程:2009/6/27~2009/7/5

(1) ジュネーブ空港-{バス}-コンタミンヌ(Les Contamines)-バルム小屋(Refuge de
   la Balme) [スイス]-[フランス]

(2) バルム小屋(Refuge de la Balme)-フールのコル(Col de Fours)-Tete Nord de
     Fours -フールのコル(Col de Fours)- モッテ小屋(Refuge des Mottets)
     [フランス]

(3) モッテ小屋(Refuge des Mottets)-セーニュのコル(Col de la Seigne)
   -エリザベッタ小屋(Rifugio Elisabetta) [フランス]-[イタリア]

(4) エリザベッタ小屋(Rifugio Elisabetta)-シェクルイのコル(Col Checrouit) -クール
   マイユール(Courmayeur)-{バス}-アルヌーバ(Arp Nouvaz)-エレナ小屋
   (Rifugio Elena) [イタリア]

(5) エレナ小屋(Rifugio Elena)-グラン・コル・フェレ(Grand Col Ferret)-ラフリ
   (La Foully)-{バス}-シャンペ(Champex) [イタリア]-[スイス]

(6) シャンペ(Champex)-Fenetre d Arpette -フォルクラのコル(Col de la Forclaz)
   [スイス]

(7) フォルクラのコル(Col de la Forclaz)-バルム峠(Col de Balme)-{リフト}
   -ルトゥール(Le Tour)-{バス}-プラ(Les Praz)-{ロープウェイ}-フレジュール
   (La Flegere) [スイス]-[フランス]

(8) フレジュール(La Flegere)-プレヴァン(Le Brevent)-レズーシュ(Les Houches)
   -{電車}-シャモニ(Chamonix) [フランス]

(9) シャモニ(Chamonix)-{ロープウェイ往復}-エギュイユ・デュ・ミディ(Aiguille du
   Midi)展望台-シャモニ(Chamonix)-(バス)-ジュネーブ空港 [フランス]-[スイス]
                          *交通手段が書いていないところは歩きです。


Day1. ジュネーブ空港-{バス}-コンタミンヌ(Les Contamines
      1,167m)
-バルム小屋 (Refuge de la Balme 1,706m)

13
:00 コンタミンヌ(Les Contamines)

朝一の飛行機でジュネーブに向かい、空港からはバスで今回のスタート地点のコンタミンヌへ。なるべくたくさん歩きたいので、翌日以降を楽にしたく、一日目からトレッキングをスタートすることにした。空港からスタート地点までバスで直行できるのでとても便利。バスは、ジュネーブの街を抜けて、レマン湖を通り、あっという間にフランスへ。アルプスってどんなどこなんだろうと考えるだけで、テンションが上がる。

      017.jpg

Sallanchでバスを乗り換えて、コンタミンヌへ。コンタミンヌは山間の小さな町といった感じで、早速ちょっとアルプスの雰囲気が漂い、さらにテンションが高まる。バス停の前にパン屋があったので、腹ごしらえ。さて水を調達して出発するかと思ったら、店が全部しまっている。ヨーロッパは13:00から15:00くらいまで昼休みで殆どの店が閉まると聞いてはいたが、本当に見事に全部閉まっている。水がないのはまずいので、なんとか準備中のパブで水道水を分けてもらい、水筒も二人で500ml分しかなかったので、ペリエの1Lの空きペットボトルも一緒に分けてもらった。セーフ!

           033.jpg

ちなみに広場のクマ、いかつい顔をしているのに子連れ。

                        032.jpg 

                              031.jpg

 


15:10 ノートルダム・ドュ・ラ・ゴルジュ(Norte Dame de la Gorge)

街を抜けると最初は川沿いに平な道を歩く。

          IMG_2082.jpg

歩き出して45分くらいで、ノートルダム・ドュ・ラ・ゴルジュの教会に着く。ここから登りが始まるが、いきなり結構な急登で寝不足の体には堪える。

      IMG_2088.jpg

しばらく登っていくと、カランカランと大きな風鈴の音のような音が聞こえてきた。音はすれど姿は見えず、何の音だろうと思いながら、音のする方向に進んでいくと、それは牛の首につけられたカウベルだった。一つ一つの音はそんなに大きくないのだろうが、集団になるとなかなか迫力がある。確かに家畜の所在を把握するには便利そうだが、自分が歩くたびに鳴り響く音は牛からすると、どんな気持ちなんだろう。今回のトレッキングはずっとカウベルを聞きながらの旅となった。

           IMG_2106.jpg


16:40 バルム小屋(Refuge de la Balme)

さらに谷間の牧草地の中の道を進んでいくと、本日の宿、バルム小屋が遠くに見えてきた。生憎午後の遅めの時間なので、山に雲がかかってしまっていたが、牧草地のまっすぐな道を歩くには気持ち良い。

      046.jpg

バルム小屋は質素なこじんまりとした山小屋で、時期的なものか場所的なものか本日の宿泊は6人だけ。広いドミトリーを6人で使えたので、かなりゆったりだった。ドミトリーは小さいながらもベッドは一人づつ分かれていて、隣りが気になることもない。ちなみに、このあたりの山小屋はどこの1泊2食で40ユーロくらい。飲み物もビールやワインなど、別料金で注文でき、ワインは安い。温水シャワーもどこも付いているが、ここのシャワーは温度が低めでちょっと浴びたあと凍えた。

           IMG_2119.jpg

食事はこんな感じ。スープから始まって、パン、肉、食後にチーズと果物が山小屋の定番コース。この日の肉料理は豚肉をローズマリーで焼いたもので、とても美味しかった。本日の宿泊者は、フランス人の単独のおじさん、フランス人カップル、アメリカ人単独女性、我々日本人2人だったが、外国人もフランス語を多少でも出来る人が多いので、会話はフランス語になるのでフランス語のできない我々はしばし、沈黙。たまに英語で気を使って話してくれるが、やはりフランス語ができれば、この辺りの旅は100倍楽しくなるはず!

049.jpg050.jpg

052.jpg053.jpg

食後は、明日からの晴天を願い、早々に寝ることにした。ドミトリーのイビキ対策は、何より人より早く寝てしまうこと。この日は朝4時起きだったので、横になるとあっという間に寝てしまいほとんど目が覚めなかった。そして願いは叶ったのか、翌日以降は全て晴天!!に恵まれ素晴らしい眺めを満喫することができた。


DAY2へ

 


nice!(6)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 6

コメント 10

Sunny

体験談と写真、興味深く拝見しました。今年の7月にTour du Mont Blanc全行程を歩く計画を立てています。
ひとつお聞きしたいのですが、山小屋の夜は冷えますか?
by Sunny (2014-03-17 13:07) 

hiko

Sunnyさん、

遅くなりましたが、コメントありがとうございます。
7月くらいは昼間は暑いですが、山小屋の夜は冷えます。
私はユニクロのダウンを念のため、持って行きましたが、正解でした。今年行かれるとのことで、羨ましい限りです。楽しんでください!
by hiko (2014-03-21 10:25) 

Sunny

お返事ありがとうございます。(今日まで気が付かなくてごめんなさい)やっぱり夜は冷えますか。パッキングの参考にさせていただきます。あ、もうひとつお聞きしたいのですが、現地の通貨はユーロだと思いますが、スイスの山小屋もユーロで払えるのでしょうか?また、現地でUSドルからの両替などはできますか? 

by Sunny (2014-04-05 10:20) 

hiko

Sunnyさん、

スイスは、スーパーマーケットなどスイスフランとユーロを両方使えるところが多かったように思いますが、山小屋は場所による部分もあると思うので、念のため現地に確認したほうがよいかと思います。両替は、シャモニやクールマイユールなど大きな街では、両替は問題ないかと思いますが、それ以外は難しいかもしれませんね。ではでは!

by hiko (2014-04-05 22:10) 

Sunny

お返事ありがとうございます。今後のブログも楽しみにしています。
by Sunny (2014-04-06 03:32) 

Gabriel

役に立つ情報私はあなたのウェブサイトを偶然見つけたことを幸運に私に驚かせました。
運命のこのひねりは、あらかじめ来なかった!
私はそれをブックマークしました。
by Gabriel (2017-10-09 22:55) 

Ronny

素晴らしいウェブログがここにあります!また、あなたのウェブサイトは非常に高速に読み込まれます!
あなたはどのホストを使用していますか?ホストで関連リンクを取得できますか?
私は自分のウェブサイトを自分のものと同じくらい速くロードしたい
by Ronny (2017-10-22 02:53) 

Ona

このパラグラフは、
実際にブログを実行する方法
ブログ。
by Ona (2017-10-30 10:38) 

Dannie

このウェブサイトのこの段落に関するAhaa、その良い対話、私は持っている
それをすべて読んでください、この時点で私はまたこの場所でコメントしています。
by Dannie (2017-10-30 13:05) 

Freddie

はい!最後にハックについて
by Freddie (2017-10-31 01:32) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。