So-net無料ブログ作成
検索選択
☆過去記事の目次へ。

セブンシスターズ Seven Sisters : 2009/4/25 [登山・ウォーキング:イギリス]

春になったのがこんなに嬉しかったのは初めてだった。白い海岸、セブンシスターズに向かった。

    IMG_1461.jpg

ロンドンに来たのが12月。朝、会社に着く時間も真っ暗、夕方会社を出る時間も真っ暗、日曜日も3時半には暗くなり、なおかつ寒い。早く春になれっ!とずっと、待ち望んでいた。そしてようやく、やってきた春。花が一斉に咲き、明るくて暖かい。なんて、素晴らしい! 本屋で見かけたセブンシスターズに向かった。

<コース>
Seven Sisters Country Park (Visiter Centre)→Birling Gap→Beachy Head


10:30 Visiter Centre

セブンシスターズはイギリスの南海岸。ロンドンの端っこにある我が家から、車で1時間半くらいの場所にある。 石灰質の断崖で、ポコポコしたでこぼこが7つ並んでいるからセブンシスターズという名前になったそうな。まずは車でビジターセンターに向かった。地図を見て、センターの人に話を聞くと、周回するコースもあるが、ずっと海岸線沿いに歩いて行ってバスで帰ってくることもできるとのこと、今回は海岸線を歩くコースを選んだ。全部で10Kmくらいのコース。

まずは牛の放牧地を川沿いに歩いて海に向かう。

              IMG_1436.jpg

歩いている人たちは、若い高校生の集団も多いが、子育てが終わったくらいの夫婦も結構いる。洒落た格好の彼らが手をつないで歩いていたりするのは、ちょっと格好良い。

                         IMG_1441.jpg

海岸線まではゆっくり歩いて30分くらい。丘を登ると今日これから歩いていく道程が見えた。ウネウネした丘がずっと向こうまで続いている。暖かいし、青い空と海と緑が気持ちよい。

        IMG_1446.jpg


11:50 海岸線を歩く

海岸線に出ると、コースはところどころ牛の牧草地の中を通っている。黄色い花はミモザ、卵のミモザサラダはミモザが咲いているように見えるからそう呼ぶらしい。

                       IMG_1451.jpg

海岸線には柵がない。牛が崖に近づかないように牧草地には柵があり、人間は乗り越えて進む。

              IMG_1454.jpg

柵がないので崖っぷちに近づこうとすれば、いくらでも近づくことは出来る。覗きこまんばかりに寄っている人もいたが、僕は際から10m以内には近づかないことにした。年々30cmくらい侵食されているらしいので、いきなりバリバリなんて崩れることもあるのでは、なんて思った。水際は石灰が溶けているのか、白く濁っていた。

              IMG_1456.jpg

ストックを持って、山に登るような恰好で歩いている人もいる。このコースは180Kmくらいを1週間くらいかけて歩くコースの一部なので、きっと彼らはそういう人たちなのだろう。そうかと思えば高校生くらいの団体が、車座になって座っていて、「本当にLovelyな天気で最高だね!!(たぶんそう言っている)」と声を掛けてきたり、みんな思い思いの方法で楽しんでいるように見えた。 

              IMG_1462.jpg

まだまだ先は長そうだが、天気がよくて気持ち良いので逆にそれが嬉しい。

        IMG_1466.jpg


12:50 Birling Gap

さらに進んでいくと昼飯ポイントBirling Gapについた。ここでコースはバスが走っている車道と接しているので、ここを起点にすることも出来そうだ。パブがあったので、ここで休憩。食事は無難にそれぞれ、パスタとバーガーにしてみたが、やはりパスタは茹ですぎ。イギリスに来てから、ちょうど良い茹で具合のパスタにまだ出会っていない。別荘のような普通の民家のような家がパラパラあるが、今の季節は良いものの、冬の暗くて寒い時期にこんなとこに住んでいたら、きっとつらいだろうなぁと思う。

              IMG_1476.jpg

まだまだ海岸沿いの道は続く。一番最初に遠くに見えた灯台までやってきた。

               IMG_1484.jpg


14:30 Beachy Head

風が強いので、誰かが飛ばしてしまったビニール袋がヒラヒラと舞っていた。でも海から崖へ強い風が吹き上げてきているので、ビニールは何度も崖のほうに飛んで行っては吹きあげられて、落ちることはなかった。相変わらず絶景で気分は良いのだが、崖っぷちを見ていると花束がたむけられているのが目立つようになってきた、、、これって。確かにさえぎるものは何もないので、ここはそういう名所でもあるようだ。

        IMG_1486.jpg

Beachy Headから先、まだ道は続いているようだったが、もう十分堪能することが出来たのでここでバスに乗り、スタート地点に戻った。さすがにウォーキング大国、歩いている人もたくさん居るし、道標もしっかりしているので迷わない。そして何より天気に恵まれた。これからも色々な道を歩いてみようと思った。

              IMG_1489.jpg

(おわり)


nice!(5)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 5

コメント 5

みきお

はじめまして。
僕は、海外には行きませんが、過去のブログを読ませていただいて、「おおお、登っている山がいっしょだあ。」と思う記事がいくつかありました。
僕の中では、「北岳〜間ノ岳〜農鳥岳」がいちばん思い出に残っています。
最近、猫の世話に追われて山に行く事が少なくなりましたが。。。
今年は、やります!!
by みきお (2009-06-06 07:55) 

hiko

>みきおさん

はじめまして!ご訪問ありがとうございます。
山って同じところに行ったことがあるってだけで、その人との
距離がグッと近くなるような気がしますよね!

僕も白峰三山の縦走は、本当に行ってよかったなぁーと思う山行の
一つです。息を呑みました。

夏はあっという間、そのうち天気がよい週末なんて僅か。楽しみましょう!
by hiko (2009-06-06 14:36) 

ヨーロッパカラー

突然の投稿失礼致します。

当方はヨーロッパカラー[ http://www.europe-color.net/ ]
というヨーロッパ在住の日本人ブロガーさんによるブロガーさんの為の情報サイトを運営しております。
ご登録は無料になっており、ご登録後、記事が当サイトへ反映され、ブログのランキングサイトの様にアクセスを稼げる仕組みになっております。
(まだプレOPEN中ですので、今ご登録頂ければ、ランキング1位も夢ではありません)

当方の判断で素晴らしい記事を書かれているブロガーさんのみにご招待の投稿をさせて頂いております。
是非この機会にご登録頂ければ幸いと思いご連絡させて頂いた次第でございます。
宜しければ下記より、ご登録頂ければと思います。

登録ページ
http://www.europe-color.net/entry.html

突然の投稿にも関わらず、最後までお読み頂き有難うございました。
by ヨーロッパカラー (2009-06-12 11:56) 

さるぼぼ

こんにちは!
なんだかほのぼの、のんびりしたいような場所ですね。
それにしてもスケールが違いすぎる~。
年に30センチも侵食されちゃうなんて、
どんどん陸地が減っちゃいますね。それも自然の摂理かな?
by さるぼぼ (2009-06-23 20:56) 

hiko

>さるぼぼさま、

こんにちは。
そうですね、天気も良くてのんびり、散歩日和でした!ここは、崖のところに柵とかなんも無くて、たまに地面に亀裂とか入っているとちょっとビビリます。

100年で30mかと思うと、なかなかダイナミックですねぇ。

by hiko (2009-06-25 06:17) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。