So-net無料ブログ作成
検索選択
☆過去記事の目次へ。

2007/09/22-23:蝶ヶ岳(2,664m)・常念岳(2,857m) [登山・ウォーキング:日本]

北アルプスにしばらくいってないなぁーと思った。常念も、One of 憧れの山、テントを背負って行くことにした。 (2007年の山行です、、)

      RIMG1993.jpg


<コース>
1日目:上高地→徳沢→長塀山→蝶ヶ岳ヒュッテ
2日目:蝶ヶ岳ヒュッテ→常念岳→常念乗越→ヒエ平


<1日目>上高地→徳沢→長塀山→蝶ヶ岳ヒュッテ

6:30 上高地出発

いつもの通り、さわやか信州号で上高地到着。常念岳といえば、色々な人がピラミダルな山で山容が良いと書いている。だけど、意外と常念岳を遠くから眺めた写真などが無く、僕は見たことが無かった。常念岳、なんぼのもんじゃいっ!と思いつつ、憧れはつのり、とうとう向かうことにした。

朝方、河童橋あたりでは天気良く、気分上場で徳沢に向かう。

             RIMG1965.jpg


8:30 徳沢

徳沢までは快調だったが、寝不足のせいか相方の体調が悪く、ここで大休憩。場合によっては、徳沢泊もありかなと思っていたが、座りながら30分ほど眠ると大丈夫になったようで、進むことにして長い登りに突入した。

登り始めは急登でゼイゼイ言いながら登るが、そのうち登りは緩やかに。ただ、登れど登れど中々着かない。なんとなく上の方が明るくなってきたから、もうそろそろかなぁと思って登ると、長い行程がまだまだ見えたりと非常に長かった。そのうえ、樹林帯が続くので展望も利かない。写真も全然撮らなかった。

同じ道を行く人たちも「長すぎ!」と言って座り込んでいる。みんな同じことを思っているんだと思うとちょっとだけ嬉しくなる。

             RIMG1970.jpg


13:20 蝶ヶ岳ヒュッテ テント場

それでも、稜線上に出れば、素晴らしい展望が、、と思って登ってるとガス発生。テント場に着いた頃には、真っ白だった。。。仕方がないが、山頂の真っ白は本当にテンションが下がる。端っこの砂利が少ないところにテントを張った。

             RIMG1975.jpg

小屋前のテラスに向かい、早々に夕食の準備。隣のテーブルでは、登山中に見つけたキノコを味噌汁に入れているおじさんがいた。見ただけで、食べれるキノコが判別できるなんて、かなりの上級者。僕らもいつも通り、ウインナーとカレーを作って食べる。他の相席のおじさんは、ゴールデンウィークにここに来たらしく、天気が良ければ素晴らしい展望なんだけどなぁと言っていた。残雪の槍穂の眺望なんて、聞くだけでヨダレが出そうだ。

その後も天気は回復せず、早々にシュラフに潜り込んだ。

             RIMG1977.jpg


<2日目>蝶ヶ岳ヒュッテ→常念岳→常念乗越→ヒエ平

5:40 出発

朝起きるととりあえず、雨は降っていないので、ホッとする。今日は槍もしっかり見える。テントを畳んで出発。この時点では2日目で大天井まで行き、3日目に中房温泉に降りるようと思っていた。

             RIMG1982.jpg

朝焼けは綺麗な色になった。

             RIMG1988.jpg

そして日が昇ると、槍もうっすらとピンクに染まった。

          RIMG1993.jpg

まだこの辺りでは、常念も見えていたので、「よっしゃ、今日は昨日の眺望を取り戻すぞ!」と張り切った。

             RIMG1996.jpg


10:00 常念岳山頂

が、眺望はそこまで。常念岳への登り返しの辺りでは、またガスが出てきた。山頂についた時には、あたり一面真っ白だった。憧れの山に来たのに、残念無念の一言。こればっかりは、誰に八つ当たる訳にもいかず、また絶対快晴の日に来るぞ!と誓いつつ、山頂を後にした。

             RIMG1998.jpg

常念小屋のテント場は、せまっ苦しく見えた。ここで作戦タイムを取り、今後の進路を検討する。当初は2泊で燕まで縦走している予定だったが、この二日のガスでテンションは下がり、明日は更に崩れる可能性があるということ。こんな天気の中、表銀座を縦走しても勿体無いと思い、下山することにあっさり決定した。

常念小屋でタクシーを予約。ヒエ平までの道は意外と緩やかで下り易い。案の定途中で雨が降り出したが、3時間くらいでヒエ平まで着いた。ただこの時は、崖崩れで車はもうちょっと先の駐車場までしか入れないということで、車道を20分ほど歩き、ほりでーゆに寄ってから帰った。

             RIMG2008.jpg

なんとも天気がパッとせず、写真も撮らず、山行記も全く書く気が起きなかった。でも、こんな日があるから晴天の日が素晴らしいのだ!と自分を慰めつつ、また行こうと誓った。

おわり


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 4

さるぼぼ

常念、いい山でしたよ。絶対リベンジしてくださいね。
でも、いい天気の時ばかり登るってのは難しいですからね、
だからこと、好天の時はテンションも上がるのです!
by さるぼぼ (2008-11-11 21:04) 

hiko

>さるぼぼ様、

ありがとうございます。そうなんですよねぇ、いつもスカッ晴れ
だったら、つまらないですからね!

幸せの青い空を探して、さまよいます。
by hiko (2008-11-11 22:13) 

ぽっぽ

去年、常念乗越でテント張ったときは強風でテントごと吹っ飛ばされそうになったよ。。

他の記事でも思ったけど、写真きれいに撮れてるね。

それにしても一緒に縦走したかったなぁ。
チャンスがくることを祈る
by ぽっぽ (2008-11-24 10:32) 

hiko

>ぽっぽさま、

コメント、サンキュー。
そうだなぁ。ほんと一度行けたらよかったな。

でも最近テントを背負うことにためらいが、、、
体力付けて、その時にそなえておきます!!
by hiko (2008-11-28 22:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。